幼児のインフルエンザ脳症と回避する為のニュース活用

小児の場合は、インフルエンザが重症化して、意識障害などを起こす事があります。これは大変危険な状態で、様々な神経症状が顕著になり、主要な臓器の機能にも大きな影響を与える事から、早急に医療機関での治療が必要になる症状です。
これはインフルエンザ脳症としても知られており、脳内にインフルエンザウイルスが侵入し、免疫の機能に影響を及ぼす事が知られています。
インフルエンザ脳症は発症から十数時間から数日で症状が急変し、神経症状が見られます。体内に侵入した細菌は、その数を増殖させながら広がりますが、身体の免疫機能は、ウイルスを攻撃する仕組みを持っており、この免疫系の過剰な働きで、身体機能に異常を来たしてしまうのです。その結果、意識障害や神経障害などをひき起こす事になり、場合によっては、生命の危険性もあるものなので、早急に医療機関での対応が必要とされるのです。
このインフルエンザの症状を食い止めるには、保護者がニュースなどを頻繁にチェックし、インフルエンザの流行状況を確認しておく事も大切です。また、万が一に備え、ニュースなどの情報網から、初期的な症状を把握しておき、発熱や異常な行動などが見られるような場合には早急に対応することが必要です。
これまでの情報では、ワクチンが脳症にも有効だという説が唱えられていましたが、最新のニュースではワクチン接種を受けた状態でも、脳症にかかる可能性は完全に否定できず、幼児に一定の免疫力が獲得できるまでは、脳症に注意しなければなりません。
ワクチンの定期的な接種を続け、年齢が上昇する事で、より優れた免疫力を獲得することができるようになり、重篤な症状に陥るケースも少なくなってきます。

トップページへ