インフルエンザの感染予防には飛沫感染対策

インフルエンザはいつのまにか気づかな位」間に感染していることが多くあります。
一番、インフルエンザウイルスに感染する原因に多いのは飛沫感染です。
飛沫感染対策をしっかり行うことで大きな予防につながるでしょう。
うがい、手洗いはもちろん日頃のインフルエンザ対策で大切なことです。
人混みにいく場合や乗り物に乗る場合に、飛沫感染対策として、必ずきをつけなければならないことがあります。

まずマスクの着用を必ず忘れないようにすることです。
口や鼻からインフルエンザウイルスは侵入します。
咳やくしゃみなど、いろんな場面で目にすることがありますが、この時にウイルスが空気中に何万と飛んでいくのです。

病院にいく場合など、流行っている時期は特にインフルエンザウイルスがどこにでもあると思っていたほうがよいでしょう。
病院は病気を治す場所ではありますが、病気をもらってしまう場所でもあるのです。
医療従事者の方も予防接種は必須ですが、普段から手洗いうがいにアルコール消毒など徹底していなければなりません。
どんなに対策していても、かかる時はかかってしまうものです。

飛沫感染対策を徹底する為にもマスクの着用は重要だと言えるでしょう。
お年寄りや小さいお子さん、得にインフルエンザウイルスをもらいやすいので、きをつけていたほうがよいでしょう。
小さなお子さんの場合、高熱が続いたあとにインフルエンザ脳症といった怖い病気にかかる場合があるので予防を徹底したほうがよいいでしょう。
有名なものでR1ヨーグルトで、免疫力を高め予防するという方法もしられています。
これは、実際に佐賀県唐津市の小学校でも実践されています。
予防接種と併用し、インフルエンザ対策をしっかりしていたほうがよいでしょう。
成人でも、体力が落ちて免疫力は下がっている場合は要注意です。

トップページへ